img_da0acdcfca849dbfd779cb23c363f8b972812

ラクトフェリン効果「モンゴルの感染状況」が実証 「馬乳は牛乳の6~100倍含まれている」




ラクトフェリンは母乳に含まれ、乳児の感染症を幅広く予防し、成人にも効果を発揮する成分だ。このタンパク質を摂取することが新型コロナウイルス感染症の予防や治療に効果がありそうだというエビデンスが出始めている、と先週お伝えした。女子栄養大学副学長で同大学栄養科学研究所所長の香川靖雄教授がラクトフェリンを勧める論拠は次のとおり。  (1)安全な人体成分である  (2)21種のウイルスに予防効果が確認されている。また人体に対する応用の論文もいくつか成功例がある  (3)ラクトフェリンを多く含む乳製品を大量に摂取するモンゴルの感染死者数がゼロ(1月13日時点。統計サイト、ワールドメーターでは2人となっているが、モンゴル国が正式に否定)  (1)(2)(3)についてざっと説明したが、さらに(2)(3)について説明したい。先週は(2)について、治療効果があるという論文を紹介した。今回は治療と予防の両方の効果があったという、スペインの査読後(有識者によって確認済み)論文を紹介しよう。  患者75人に、ラクトフェリン32ミリグラムと亜鉛10ミリグラムを毎日4~6回経口投与すると、100%の被験者で4~5日以内に咳、疲労感、筋肉痛を改善し、死者は1人も出なかった。同時にその患者と接触した家族256人に、患者の半量を投与して30日間追跡したところ、発症を完全に予防した(※)。  「同じ論文に、ラクトフェリンをネブライザーで1日4回、鼻腔に噴霧すると、83%に見られた嗅覚喪失も回復したとのことです」(香川教授。以下同)  次は(3)について。モンゴル人は、ラクトフェリンを多く含む乳製品を1日平均430グラム摂取する。日本人はわずか34グラムだそうだ。しかしこれだけでは、牛乳・乳製品の消費量の多い欧米で患者が多発している説明はつかない。  「実はラクトフェリンは、牛乳にはわずかしか含まれていません。モンゴル人が食べるのは、馬、羊、ヤギ、牛、ラクダの5畜の乳製品で、馬乳は牛乳の6~100倍のラクトフェリンが含まれています」  また、ラクトフェリンはヨーグルトの乳清(ホエイ)に多く含まれているが、欧米や日本では乳清を捨てて乳製品にする。「しかしモンゴルは乳清まで使うのです。また、ラクダや羊のラクトフェリンの殺菌力は、ヒトの母乳の数倍も強いのです」  モンゴルは遊牧民が多いから感染しないのでは、という疑問もわく。それに対しても香川教授は「人口の1割が遊牧民で、5割が首都のウランバートルに住んでいます。ご存じの通り、四方を他国に囲まれている、とくに死者5万人、感染者300万人のロシアに囲まれてコロナを制圧した、モンゴル300万人のラクトフェリンの“抗コロナ仮想人体試験”は合格と言えます」。  中国も、新型コロナウイルス感染予防のためのラクトフェリン摂取を理由に、ヨーグルトの摂取を国が推奨しているそうだ。「厳しい個人情報管理の成果もあって、国慶節(10月1日。中国の大きな祝日)の連休に6億人がマスクなしで国内観光旅行を楽しみました」

お勧めラクトフェリン






comment

ラクトフェリンにコロナウイルス特異的に反応しているのであれば、仮説も検討する余地もあります。しかし、序章部分に感染症全般に効果があるように語っているので、以前からインフルエンザなどのその他感染症についてもモンゴルでは抑えられていることになりますが、そういうデータはあるのでしょうか?



ラクトフェリンは腸内環境を整えるので免疫力は上がるでしょうね。
ただ、直接コロナに効果が有るのではなく、免疫力が上がった結果としてコロナにも効果があるという事でしょう。



少ない実証検証なのに決めつけ過ぎる。
ラクトフェリン以外にも固有な成分が影響してるかも知れない?
カルシウム、ビタミンDなども
遊牧民は自給自足なので飼ってる羊、馬、鶏などのみ摂取してるので精密な実証実験はしやすいと思うが



一年前は子供が受験生だったので、ノロウイルス感染予防の為、ラクトフェリンヨーグルトとかサプリメント食べてたけど、この冬はノロも流行らなさそうだと思って食べてません。
でも柿渋とか紅茶とか緑茶が良いとか言われても、一時的な情報の記事でその後はどうなったん?ってものが多い。
ノロウイルスには柿渋や紅茶がウイルスを死滅させるとも聞いたけど、、実際はどうなんでしょうね。さらに新型のコロナウイルスへの効果なんてまだわからないんでしょうね。



ラクトフェリン5年くらい飲んでて、確かに風邪は「ひいたか?」と思っても
進行しなくなっている。
けれどコロナまで退けるかどうかは正直かなり怪しいなと思っている。



モンゴル コロナでの死亡0!?
アジア系が コロナの感染や重症化が少ないのは、長い歴史の中で コロナのようなウィルスに晒されてきた(コロナに耐性を持ってる)からかもしれないと考えてみたりしてたけど、本当にそうかも。
出雲系の一部は モンゴル経由説もあるから、コロナにより強い(鳥取の一部を含む出雲国では重症化や死亡がほとんどない)のかな。
遺伝子レベルで検証したら、よりよいワクチン作れたりして、、、



もし新型コロナ関連なら、一つの要因のみに効果が有る、とするのは大きな間違いで、新たな危険と混乱を引き起こすと思う。偏った考えは、長い目で見て健康を害するのではないだろうか。確かにモンゴルのコロナで亡くなった人は現時点で2名だが、ラオスもカンボジアも0名、国ではないが日本の島根県も現時点で0名である。アジアのこの周辺国一帯は、被害が比較的に少ないのではないかと思うが、乳のせいだとするのは、いささか?



確かに人間も含めた動物の赤ちゃんは感染症に罹りにくい訳で、母乳の免疫効果についての研究は興味深い。しかしどんな動物の乳でも、流通のために高温殺菌してしまったら、効果は無いのでは。



モンゴロイドだからはあり得るだろうが、感染調査がしっかりされていか、公表したくないだけだと思う。
食事は都市部じゃ肉と乳製品ばかりと言う訳じゃないだろうしね。



腸内フローラは免疫の泉。ワクチンは不要だし、雑菌、ウイルス達もそこに必要。それらを一方的に敵視、人間中心主義の感染症対策は滅亡への道。



確かに以前花粉症でひどかったが、ヨーグルトを食べるようになってから、自然に治っていたのは不思議だった。